高配当株

大幅増配の可能性大な高配当株5選

今回は【配当金が大幅増配しそうな企業5選】を紹介したいと思います。

いったいどうやって予想するのか、というと…

配当性向に注目します。

配当性向とは?
  • 株主にとっての儲けである。
  • 当期純利益に対する配当の比率を基準にするもの。
  • 例えば「1株益が100円」で「1株配当金が50円」
  • →その時の配当性向は50%
*KDDIの配当性向

上記のKDDIの株価指標を見ると配当性向は41.2%なので、利益の41.2%を配当金として支払ってくれている、ということが分かります。

では、配当性向のどういう点に注目するのか?というと…

配当性向が低い企業に注目します。

なぜなら、配当性向が低いと配当金が低い(利益を企業の成長に充てているため)ですが、
一方で増配余力が高いからです。

更に!現時点でも配当利回り3%以上の高配当株に厳選しました。

しそうな高配当株5銘柄をランキング形式でご紹介します!
ぜひ、最後までご覧ください。

くっつー(妻)

投資はほんと難しいよね!
もっと私も勉強しなきゃな~

含み損でお悩みのあなたへ
株価上昇3つの法則知りたくない?

くっつー

短期投資が下手くそな私ですが……
1日数万円稼げるように
3つの法則とは……

①業績、企業価値、ROE、PBRは見ない!
②短期投資は●●●が高い銘柄を選べ!
③●●●●ランキングを見ろ!

3つの法則は読んでのお楽しみ
このサイト限定で……

本書を完全無料でプレゼントします!

\メールアドレスを入力するだけで貰える/

*メルマガはすぐ解除可能、営業電話も無し。

大幅増配期待の銘柄 第5位

(7808)シー・エス・ランバー

企業概要

ツーバイフォー工法、在来工法のプレカット木材加工大手です。
建築請負事業や不動産賃貸も行っています。

株価指標

PER2.5倍と割安、ROE37.6%と経営効率が良いことが分かります。
そして注目の配当性向は5.3%。残り94.7%が増配余力と見れるので、まだまだ配当金の増配が期待できます。

配当推移

19年に一度減配しましたが、22年からの80円を保っています。

チャート

昨年4月22日に4,775円を付けて下落しています。

業績

売上高は増収、営業利益は減益を予定しています。

大幅増配期待の銘柄 第4位

(5017)富士石油

企業概要

石油精製販売の中堅。
原油開発からは撤退。
傘下にアラビア石油と富士石油をもつ会社です。

株価指標

こちらも配当性向5.1%と、まだまだ増配余力がありますね。

配当推移

ここ最近は10円を継続して払ってくれています。
過去に0円の年もあるので不安定ではありますが、増配に期待したいところです。

チャート

昨年8月に400円をつけて、そこから下落し現在は300円位となっています。
まだ高いなと言う水準ですね。

業績

売上高・営業利益ともに増収増益を予定しています。

大幅増配期待の銘柄 第3位

(7599)IDOM

企業概要

「ガリバー」ブランド中古車買取り最大手。
新車販売、個人間カーシェアサービス提供も行っている会社です。

株価指標

配当利回り4.3%と高く、配当性向も4.3%とまだまだ増配余力がありますね。

配当推移

一時期配当金をかなり上げたため、配当性向が高くなっています。
ここまで上げると少し心配してしまいますが、これが続いたらいいなと思います。

チャート

9月に933円を付けて下落しています。
指示線となっている600円位が狙い目かと思います。

業績

売上高は増収、営業利益は減益を予定しています。

大幅増配期待の銘柄 第2位

(5950)日本パワーファスニング

企業概要

工業用ファスナー大手。
住宅用が主体で、特殊ファスナーに強みを持ちます。
最近は中国から撤退しました。

株価指標

株価が123円とめちゃくちゃ安いです。
配当性向は3.7%とまだまだ増配余力がありますね。

配当推移

しかし、配当金0の時も多く、5円を継続している状態です。
このことから、増配余力があっても増配しないといった傾向が見られます。

チャート

ずっと100円~150円をウヨウヨしています。
くっつー的におすすめはしない銘柄です…。

業績

売上高・営業利益ともに増収増益を予定しています。

大幅増配期待の銘柄 第1位

(5078)セレコーポレーション

企業概要

アパート経営の提案、設計、施工管理を行う会社です。
また、賃貸住宅事業なども手掛けています。

最近上場したばかりの会社です。

株価指標

PER9.6倍と割安、ROE58.2倍と経営効率がとても良いです。
自己資本比率も83.3%と問題ないですね。
そして、注目の配当性向は2.4%と実に98%の増配余力があります。

配当推移

80円を継続しています。
安定性、そしてここからの伸びに期待できる銘柄だと思います。

チャート

9月22日に2285円をつけて、現在少し下落しているという状況です。
私くっつーも900円くらいまで下がったら買いたいなと思っています。

業績

売上高・営業利益ともに増収増益を予定しています。

まとめ

以上、増配可能性が高い(配当性向が低い)高配当株5選を紹介しました。

この中で一番おすすめなのは、第1位の(5078)セレコーポレーション です。
配当余力あり、経営効率良し、配当金の安定性あり、業績良しの銘柄なので注目したいと思います。

くっつー

長期投資家の人はこういう銘柄をきちんと選べてますか?
もっと学びを深めたい人はおすすめ!

テキトーな銘柄長期保有してませんか?
そんなあなたは失敗します

①キャピタルゲインはあくまでおまけ
②優待・配当投資家は
年利3%を目標にしろ
③配当利回りランキングは
信用するな

くっつー(妻)

面白い・・・
他にも年齢別のおすすめポートフォリオ等があるらしい!
これは読まないと損ですね✨

長期投資家の人は絶対読んで!
このサイト限定で……

本書を完全無料でプレゼントします!

\1,500円の書籍!今なら完全無料

ポチッとしていただけると喜びます!
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ